tiss-NET Cloud

埼玉大学共同研究開発 地区交通シミュレーションシステム

(一社)交通工学研究会
交通シミュレーションクリアリングハウス掲載

「tiss-NET Cloud」商標登録:第5967181号

リンク設定とは

リンク設定とは、シミュレーションを行う上で必要となるリンク部のインプットデータを設定する機能です。

リンク設定では以下の設定を行います。
①リンクの属性情報(名称等)の入力
②リンクの車線数、幅員、速度、右折帯長、左折帯長に関する基本情報の入力
③同一リンク内で道路構造などが異なる場合に設定するリンクパーツ情報の入力
④リンク内のコンパートメントの位置修正

~リンク基本設定・リンクパーツ毎設定操作を行う前に~

【リンク基本設定・リンクパーツ毎設定の制約条件】

リンク基本設定・リンクパーツ設定は、“変更後のリンクパーツ長が15m以上”を確保することが制約条件となります。
上記の条件を満たさない場合、データの入力・変更を行うことはできません。
リンクパーツ長が変更される操作(データ入力)は、以下のものがあります。

【リンク設定画面内】

・車線数の設定
・右折帯長さの設定
・左折帯長さの設定
・リンクパーツの分割設定

【ノード設定画面内】

・停止線位置の設定

設定手順

421-1

①ネットワークタブで、設定したいリンクを選択します。
②右クリックでメニューを表示し、「リンク設定」を選択します。
③リンク設定画面を表示します。

リンク設定画面


リンク設定画面左上はリンクの基本情報が表示されています。
下記の情報を変更することが可能です。
①リンク名称
②リンク色
③リンク幅
④中央線を表示する
中央線の表示/非表示を設定します。
※このチェックを外すと、アニメーション時にこのリンクの中央線が表示されなくなります。