地区交通シミュレーションシステム「tiss-NET Cloud」

 地区交通シミュレーションシステム「tiss-NET Cloud」とは、埼玉大学(久保田尚研究室)にて研究・開発をされた車輌1台1台の走行をモデル化した「tiss-NET」をエンジンとし、データ作成からシミュレーションの実行・評価・分析までをより簡易に操作可能とした、地区交通に特化した交通シミュレーションシステムです。

 また新たなる研究成果・施策対策や現場からのフィードバックにより随時更新を行っていくシステムです。

tiss-NET Cloudは
様々な地区交通計画で
導入されています

導入事例

自転車通行空間整備検討

 多車線道路において、そのうち1車線を「自転車通行空間」として整備を行った場合の渋滞影響のシミュレーションを行い。施策導入検討へご利用を頂きました。

 現状でも交通量の多い県道であること、また対象区間が複数交差点にまたがるため、交差点単位での分析ではなく複数の交差点を対象としたネットワークでの予測分析を行っております。

いろいろなシーンで活用

  • 大規模イベント開催時における交通規制影響分析
  • 歩道橋撤去作業に伴う通行止めによる迂回経路への影響分析
  • 地下駐車場新設時の周辺道路への交通インパクト分析
  • 自転車通行空間整備検討における既存交通への影響分析 など

tiss-NET Cloud のフル機能を無料でお試しください

tiss-NET Cloud 製品版は、2週間無料で最新機能を全てお試しいただけます。

Windows 版(Windows10 64-bit)

© 2022 tiss-NET Cloud