tiss-NET Cloud

埼玉大学共同研究開発 地区交通シミュレーションシステム

(一社)交通工学研究会
交通シミュレーションクリアリングハウス掲載

「tiss-NET Cloud」商標登録:第5967181号

tiss-NET Cloud 製品情報

tiss-net-cloud-banner

 地区交通シミュレーションシステム「tiss-NET Cloud」とは、埼玉大学(久保田尚研究室)にて研究・開発をされた車輌1台1台の走行をモデル化した「tiss-NET」をエンジンとし、データ作成からシミュレーションの実行・評価・分析までをより簡易に操作可能とした、地区交通に特化した交通シミュレーションシステムです。
 また新たなる研究成果・施策対策や現場からのフィードバックにより随時更新を行っていくシステムです。

tiss-NET Cloudの特徴

  • 渋滞評価指標「信号待ち回数係数」の算出
  • コンパートメント別・リンク別・経路別など多彩な集計単位での分析
  • ゾーン30設定や大規模店舗出店評価、路上駐車影響などの施策評価
  • シミュレーション結果のアニメーションや分析結果を表示できるライセンスフリーなViewer
  • Web背景地図利用によるデータ作成の簡易化、シミュレーション結果のCSVデータ出力
  • サブスクリプション方式により低コストでの導入
  • 自動アップデートにより常に最新状態での利用(Viewerを含む)

tiss-NET Cloudの主な機能

  • 簡易操作性と多彩な視覚的表現
  • WEB背景地図の利用(OpenStreetMap使用)
  • ゾーン30対応
  • 画面キャプチャー・アニメーション動画保存機能
  • 自動バージョンアップ(ライセンス有効期間内)
  • Windows7/10対応

活用シーン

  • 交差点交通量解析
  • コミュニティ道路計画
  • 路上駐車対策
  • ワークショップや委員会